納入事例

納入事例

検査時間の短縮が可能な「APERTO Lucent Plus」への更新でより迅速・快適な検査をめざす池本脳神経クリニック

2011年に兵庫県芦屋市で開業した池本脳神経クリニックは、開業当初から使用されていた当社製0.4TオープンMRI装置「APERTO Lucent」を、2021年1月に最新装置「APERTO Lucent Plus」に更新いただきました。
新たに搭載された高速撮像技術“IP-RAPID”や自動化機能“AutoExam”を活用し、迅速かつ快適なMRI検査を提供されています。
さらに、MRIボア内映像投影システム「Smart Theatre」を導入。よりハードルの低いMRI検査の実現をめざされています。

詳細はこちら

納入事例

南会津唯一のMRI装置として地域医療を支える
高速撮像と快適な検査空間で患者にやさしいMRI検査を実現福島県立南会津病院

福島県立南会津病院は、南会津医療圏で唯一の病院として地域医療における中核的な役割を担っています。今回、磁遊空間誌のインタビューに同行させていただき、昨年導入されたECHELON Smart Plus について佐竹院長、増子整形外科医、放射線科の渡部技師長にお話をうかがいました。

詳細はこちら

納入事例

検査をもっと安全に
救急・整形外科・泌尿器科で活用されるFPDデジタルX線TVシステム東邦大学医療センター 大森病院 中央放射線部

CUREVISTA※1 Open を納入した東邦大学医療センター 大森病院 中央放射線部の大久保卓史 統括次長、関口貫人 技師長補佐のお二人に納入後の使用経験についてお話をうかがいました。

詳細はこちら

納入事例

救命救急でのCT活用例
救命救急センター初療室内にCTを設置することで患者の移動を伴わずに診断、治療、救命が可能に 大阪市立大学医学部附属病院 救命救急センター
溝端センター長に聞く

大阪市立大学医学部附属病院は、大阪市内で唯一の大学病院であり、地域医療における中核病院として、高度な総合医療機関の役割を担っています。病床数は精神病床と合わせて980床あり、内科系・外科系・中央部門合わせて38の診療科が設置されています。

詳細はこちら